ログインするだけでグループウェアのシステムが使える

企業では情報を共有し業務の効率化を高めるため、グループウェアのシステムが導入されて来ました。


当初は社内に専用サーバーを設置しケーブルを敷設し社内LANを構築していました。
この方式は、初期設備費用が掛かり、且つ専任のシステム管理者を置く必要があり、ランニングコストが割高になる傾向にありました。

グループウェアを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

しかし、最近はクラウド型グループウェアのサービスが提供され、多くの企業に利用され始めています。

日本経済新聞についての情報をまとめたサイトです。

Web上のサーバーにログインすることで、社員がこのシステムを利用出来るわけです。

従来の方式に比べ、初期設備費用が掛からずランニングコストも抑えることが出来ます。

更に利用者の増加があった場合も従来のようにシステムに追加しケーブル敷設の必要もなく、簡単に対応することが出来ます。
提供されるサービスも多機能に亘っています。

電子メール、電子掲示板、スケジュール管理機能、ワークフローシステムなど様々な機能が標準仕様となっています。クラウド型であるため、使用場所に左右されません。

例えば本社と国内外の営業所が繋がるだけでなく、出張先からログインすれば情報共有が出来るので、迅速な対応が可能となります。

端末もパソコンに限らず、スマホや携帯電話でログインすれば同様の機能が使えるため、軽快なフットワークを発揮出来るようになります。



クラウド型グループウェアは投資費用を抑え、専任の巣ステム管理者が必要なく、端末にソフトウェアをインストールすることもなくログインすれば情報共有が出来るということで、採用する企業が今後益々増えていくのではないでしょうか。