グループウェアソフトを使用したログインについて

IT企業や大企業の社内風景として、1人1台のパソコンが使用されるデスクがあります。
こういった企業では社員が大勢勤務していることが多いので、グループウェアのログインシステムを使用しています。

このような企業では社内で情報を共有してパソコンを使用していますので、家庭用のタイプとは機能が少し異なっています。
そのため最初から内蔵されているソフトも、業務で使用する物が中心となります。

ログインシステムについては、パソコンの電源を入れる時何かの業務用のソフトを使用する時にパスワードを入力するシステムのことです。



このパソコンは仕事で使用する物ですので、ログインシステムのパスワードについては会社で指定されているものを使用します。

グループウェアの場合は、個人個人でを設定されると管理が大変になってしまいますので、ログインパスワードは全員で統一して使用する決まりになっています。

パスワードについては、会社に入社した時や業務連絡などで伝えられるケースが多いです。



このようにグループウェアとは社員全員で共有するソフトとなりますので、自分個人の考えで勝手にログインパスワードなどを変更することが出来ないシステムとなっています。



またパスワードを同じものにすることによって、万が一忘れてしまった場合でもすぐに確認できる・パスワードを変更した場合でも1回の説明や伝達で大丈夫なので時間を短縮出来る、などのメリットがあります。そのためIT企業や大企業では、グループウェアというシステムが採用されています。