ログインによるグループウェアの管理

グループウェアはメール機能やスケジュール管理、ToDoメモ、ワークフロー、掲示板など多種多様な機能を備え、これらにより情報共有やコミュニケーションの効率化を図り、グループによる協調作業を支援するソフトウェアです。

現在、その運用方式によりクライアント/サーバ型、Web型、ASP型など多様な形態が存在しており、様々な組織でそれぞれのニーズに合った製品が導入・活用されています。
グループウェアの機能を利用するためには個人IDとパスワードを入力しログインする必要があります。



ログインの方式は、ユーザー名の選択、グループ名の選択、それ以外のIDによるものなど、その組織内の実情に合わせて設定することが可能です。

そもそもグループウェアは組織内での情報の共有・伝達等を目的としており、外部から容易に閲覧可能できないようにする必要があります。

Yahoo!ニュースならお任せください。

また、組織内であっても閲覧・機能の使用制限を設けなくてはならない場合もあり、これらの問題も必要な箇所にログインを要求する仕組みを付加すれば対処することが可能になります。

情報漏洩が耳目をにぎわす昨今、IDの管理をはじめとするグループウェアのセキュリティー対策は大変重要であり、セキュリティーをより高めるために企業IDと個人IDの双方でログインする形式を採っている製品もあります。このように、グループウェア導入時には、サーバ型、Web型などの形式の他、どのような方式でログインやIDを管理した方が運用や使用上良いのかも含め検討する必要があります。