グループウェアへログインサービスについて

グループウェアとは企業やプロジェクトチームといった組織の中でネットワークを利用した、組織内の情報管理を行うシステムのことを指します。

パソコンを通じてネットワークへログインすることで、組織内でのスケジュールや仕事の進捗といった情報の円滑な共有や交換が可能になることは、業務の効率化につながることになりました。



高度な情報テクノロジーが浸透し、インターネットが広く普及した現在では、グループウェアは主にウェブブラウザを利用したソフトウェアが使用されています。

NAVERまとめが今、話題になっています。

ウェブブラウザを利用するメリットとしてクライアント側が専用ソフトを必要とせず、ホストへのログインを行うことでグループウェアを利用できるという点があります。



情報テクノロジーの産物であるウェブブラウザ上の電子メールや電子掲示板も現在のグループウェアの中に包括されており、こちらもホストへのログインをすることで利用が可能になります。
さらに、電子メールや電子掲示板だけでなく、資料や写真といったものの整理と収納が可能なファイル共有も行われるようになり、スケジュール管理やそれに伴う会議室などの予約といったこともインターネットを活用することでより円滑に行うことが可能になりました。また、過去においては紙やホワイトボードを利用して行っていたものがパソコンやインターネットを利用して行われるようになったことは、用紙やペン類にかかる費用を抑えることができるようになり、コストの削減にもつながりました。